国際ロータリー第2610地区 中島ロータリークラブ

中島クラブ40年の歩み(記念誌)

ロータリーの目的

四つのテスト

国際ロータリー会長メッセージ

中島ロータリークラブ会長メッセージ

クラブ概況

役員・委員会

会員名簿

活動計画

トピックス

クラブ会報

市民健康公開講座「毎年恒例」

ロータリーの友・輪読会

園児茶道教室をサポート

行事予定友好クラブ

リンク集

HOME



創立40周年記念誌

中島ロータリークラブ会長メッセージ

中島ロータリークラブ会長顔写真

2017〜2018年度
中島ロータリークラブ会長

室木 俊美


中島クラブの指針および目標

中島ロータリークラブ第46代目の会長(2回目)に就任しました室木俊美でございます。

当クラブの今期における指針は、「カラーを出してクラブに変化をもらす」としました。
この理由は、以下に述べます。

本年度のRI会長であるイアンH.S.ライズリー氏のテーマは、「ロータリー : 変化をもたらす 」です。「 変化をもたらす の逆の意味を考えると{変化を恐れず何かを生み出しなさい}になると考えられます。ロータリアンの理念を基に、自ら率先して新しいことにチャレンジすべきと私は考えます。

一方、下口幸雄ガバナーが掲げる地区目標メッセージは「クラブのカラー(らしさ)を出そう」です。これも{変化を恐れず何かを生み出しなさい}に繋がっていくのではないでしょうか。
したがって、私たち中島クラブをはじめ地区内クラブはそれぞれの特色を出していますが、私たちは変化を恐れず前進するのみの意味を込めて当クラブの指針を「カラーを出してクラブに変化をもたらす」としました。

中島クラブは、歴史と伝統を尊重しながらも時代の変化に応じて我々も変化をしていかなくては
いけません。46年間の歴史の中で大きく変化をしますが何かを残さなくてはいけません。「カラーを出してクラブに変化をもらす」に従い、今期から例会を3回とし、入会金の廃止を決定しました。
また、新人のために体験夜間例会も行っております。
この結果、もうすでに2名の純増が見込まれています。

これらに鑑み、今期の詳細な目標は以下にしました。

〜 中島クラブにおける今期の目標 〜

  1. 慢性的なクラブ運営(マンネリ化)からの脱却
  2. 15人まで会員増強を行う。
  3. 社会奉仕委員会主催、中島RCスポーツ文化賞および中島RC顕彰の復活。
  4. 輪読会の回数を増やす。例会が3回になったことよりロータリー意識が減退することを防止目的とする。
  5. 職業をとうして世界に奉仕する。
  6. 友好クラブ、交流クラブとの意見交換会を充実したのもとする。
  7. ポリオの可及的根絶。
  8. ロータリーの公共イメージ向上をさらに進める。
  9. ホームページの充実。
  10. 月一回のニコニコボックスへの投函

伝統ある中島ロータリークラブが今日あるのは、多くの先輩方のおかげです。現在の中島クラブは一人一人が個性豊かで輝いています。また、行っている事業も他クラブと比較して遜色はありませんし、むしろ活動的と考えます。今期は、上記の目標を達成すべく、経験と行動力を活かし、全員で力を合わせクラブを発展させましょう。
2610地区、石川第3分区、友好クラブ、交流クラブそして中島クラブの皆様におかれましては、更なるご指導、ご協力をお願い致します。

このページのトップへ