国際ロータリー第2610地区 中島ロータリークラブ

中島クラブ40年の歩み(記念誌)

ロータリーの目的

四つのテスト

国際ロータリー会長メッセージ

中島ロータリークラブ会長メッセージ

クラブ概況

役員・委員会

会員名簿

活動計画

トピックス

クラブ会報

市民健康公開講座「毎年恒例」

ロータリーの友・輪読会

園児茶道教室をサポート

行事予定友好クラブ

リンク集

HOME



創立40周年記念誌

活動計画

会場監督SAA

会場監督/宮本惣一郎

【 活動方針 】

”ロータリー:変化をもたらす” を実践

【 事業計画 】

○ 例会場の雰囲気が落ち着ける環境づくりに努める。
○ 全ての会議(例会を含む)が楽しく秩序正しく運営されるよう常に心を配る。

職業奉仕委員会

委員長/室木俊美

【 活動方針 】

ロータリーの四大奉仕部門の一つである職業奉仕は、ロータリアンがそれぞれの職業を通じて他の人々に奉仕し、高い道徳的水準を保つことを奨励する。また、ロータリーの目的は、日々の仕事を通して世の中に貢献するために、奉仕の心を育て向上させること。奉仕とは他人のために何かをすること、他人のニーズを充たすことを自己の責務として行なうことである。すなわち職業を通して社会のいろいろなニーズを満たすことである。さらにロータリーの目的は、日々の仕事を通して社会に貢献するために、奉仕の心を育て向上させることである。奉仕とは他人のために役立つこと、他人のニーズを充たすことを自己の責務として行なうことである。それによって、自己の道徳水準を高め、社会から尊重される存在になりうるのかもしれない。つまり、4 つのテストを実践すればよいのである。

【 事業計画 】

1)中島RC主催市民健康講座の開催:毎年恒例 「活き生きハッピーライフ 〜ようこそ食と健康の世界へ〜」の継続開催。市民の健康増進を切に願い今年も時代のニーズに合った講師を招聘して来場者を増やしたい。
2)職業奉仕月間に指定されている10 月には、職場訪問を行い、会員の職業内容について理解を深める。
3)職場体験学習の機会があれば、小学校、中学校からの受け入れ態勢は整っている。ただし職種限定なので事前に連絡が必要である。

市民健康公開講座

委員長/室木俊美

【 活動方針 】

講演名は、生き活きハッピーライフ 〜ようこそ食と健康の世界へ〜が正式名称である。毎年、最終月である6月に開催している。内容は、その年において活躍された食と健康に関連する講師をお招きして2時間の講演を行う。そして市民の皆様が健やかに長寿を迎えられることが主たる目的である。近年、噛む力が衰えた老人では、誤嚥性肺炎が多発しているため、うまく飲み込みができる口腔外科医のサポートが必要である。また、噛む力が弱っても軟らかい食事であれば飲み込めるから管理栄養士の存在も大きい。したがって、この二つの領域に関連した講師を今年も招聘したいと考える。

【 事業計画 】

この事業は今年で11年目になる。本来のスタートは、会員による講演会であったが、演者不足から2回で終了して、その後は専門性を持ったクラブ外講師を招聘している。毎年6 月に講師2人を招聘し、質疑応答を含めた2時間の講演会を開催する。会場は中島コミュニティーセンターである。来場数は毎年70から100名を維持しているのでこれを維持していく。後援は、北國新聞社、ラジオななおである。紙面と電波メディアを駆使し、ロータリーの認知度を上げることにも大いに寄与している。

社会奉仕委員会

委員長/永谷誠行

【 活動方針 】

地域の皆様に喜ばれる活動を行い、地域に貢献しロータリークラブの存在と魅力を発信し、今後のクラブ発展を目指す。

【 事業計画 】

1)他団体と共に能登中島駅構内および周辺の清掃奉仕活動
2)その他団体からの支援要請に応えた事業参加( あいさつ運動・万葉マラソン支援他)

国際奉仕・青少年奉仕委員会

委員長/的場勇人

【 活動方針 】

・国際理解・親善・平和の意義を理解し、関連する事業を積極的に支援する

【 事業計画 】

1)国際ロータリーが行う、水保全・識学率向上・飢饉救済等に協力する

出席奨励委員会

委員長/釜井文雄

【 活動方針 】

会員との連携を密にして、出席率の向上に努める。

【 事業計画 】

1)中間に一度、各自の出席率を出して再確認する。

親睦委員会

委員長/勢登和秀

【 活動方針 】

会員間の知り合いと友誼を増進し、レクリエーション及び社交的諸活動への参加を奨励する。

【 事業計画 】

1)花火観賞、味覚、歳忘れ、観桜等季節や事業に合わせた例会を行う。
2)他団体との交流を深める事業を行う。
3)会員及びその家族を含めた交流事業を行う。

友好クラブ委員会

委員長/勢登和秀

【 活動方針 】

友好及び交流クラブの会員間の知り合いと友誼を増進し、共同で事業を行う。

【 事業計画 】

毎年交互にお互いのクラブを訪問し共同事業を通して親睦を深める。

会員増強委員会

委員長/釜井文雄

【 活動方針 】

” ロータリー:変化をもたらす” を実践

【 事業計画 】

1)クラブの現状評価を行う。
2)クラブの強みと問題点を確認。
3)職業分類の充填状況の確認。
4)幅広い年齢・職業・性別の入会候補者のリスト作り。
5)実際に例会や奉仕活動に参加を促す。

公報委員会

委員長/向 卓

【 活動方針 】

ロータリー広報の対象は三つあると考える。まず、一つは対外的な広報、すなわち、地域におけるロータリアン以外の人々への広報。二つ目は他クラブに対するロータリアンへの広報。そして、三つ目はクラブ内のロータリアンへの周知である。広報を実行する方法としては、テレビ、新聞、ラジオなどのマスメディアを通じての広報、クラブ独自の広報イベント、地域の祭典などへの参加による広報、パンフレット、冊子の作成、クラブホームページやブログなどのインターネットを使った広報などがある。しかし、最も大事な広報は、クラブのロータリアン一人一人が自らロータリーを地域社会に正しく伝えることである。

【 事業計画 】

3つの広報活動を実践していきたい。さらに他クラブの情報は随時会報に掲載して「誌上メイクアップ」の雰囲気を醸し出したいと考えている。
当クラブと地元メディアとの関係が築かれている今では、プレスリリースは容易い。
しかし、さらに認知度を上げるためにはHPの充実、各クラブ同士の例会や親睦会における意見交換が必要である。
一般対象、クラブ内広報とクラブ外広報に分けて今年もロータリークラブを発信していきたいと考える。
全てのロータリアンが広報マンになる、これがロータリーの広報の原点であろう。
 当中島クラブでは今期からそのようなロータリアンを育て、またクラブとしてホームページなどでロータリーやクラブの活動などを正しく伝えることが大切である。

プログラム委員会

委員長/津田 亨

【 活動方針 】

ロータリーをさらに深く学ぶ

【 事業計画 】

地区内のロータリアンを講師にお招きし、卓話をお願いする機会を多く持ちたい。
ロータリー精神持続の為、ロータリーの友 輪読会の回数を増やす。

園児茶道担当

責任者/江尻晃邦

【 活動方針 】

保育園児が体験する初めての「お茶」。日本の伝統文化に触れることで子供なりのおもてなしと、季節を楽しむ心を学ばせる。さらに「作法」の一旦についても学ぶ。精神面では茶道の時間を通し、「挨拶」や「感謝の気持ち」、「優しい心」を身に着けられるように指導を行う予定である。

【 事業計画 】

茶道宗和流中島宗和会の室木宗美社中(当クラブ室木俊美会員の妻)の指導のもと茶道の伝統文化に触れてもらうこと、および茶道の作法について形から学ぶことも目的とする。
1)七尾市中島保育園のみどり組(年長児)を対象に、毎月1 回お茶の点て方や飲み方の作法を嗜んでもらう
2)2月には園児が自分の保護者家族に呈茶を行う
3)3月には当クラブの例会にておさらい会として、例会場にて園児がお運び作法の成果を会員に披露する。

ロータリー財団・米山奨学委員会

委員長/宮本惣一郎

【 活動方針 】

ロータリー財団・米山奨学委員会に寄与する。

【 事業計画 】

ロータリー財団委員会
○積立金の順位により、候補者を推薦。特別寄附者になってもらう。
米山記念奨学委員会
○普通寄附は地区1 名6000 円を確保します。
 それ以上の寄附ができないか、方法を検討します。
○特別寄附者は積立金の順位により、候補者を推薦。寄附者になってもらう。

ニコニコBOX委員会

委員長/向 卓

【 活動方針 】

・ロータリー友愛の心で、より多くの会員の善意のお金をお願いします。

【 事業計画 】

1)何かあったら必ず、少額のニコニコをお願いします。
  (会員減少の為、少しでも事業資金として活用する為)

このページのトップへ