国際ロータリー第2610地区 中島ロータリークラブ

中島クラブ40年の歩み(記念誌)

ロータリーの目的

四つのテスト

国際ロータリー会長メッセージ

中島ロータリークラブ会長メッセージ

クラブ概況

役員・委員会

会員名簿

活動計画

トピックス

クラブ会報

市民健康公開講座「毎年恒例」

ロータリーの友・輪読会

園児茶道教室をサポート

行事予定友好クラブ

リンク集

HOME



創立40周年記念誌

活動計画

会場監督SAA

会場監督/釜井文雄

【 活動方針 】

”ロータリーを知ろう、知ってもらおう” を実践

【 事業計画 】

○ 例会場の雰囲気が落ち着ける環境づくりに努める。
○ 全ての会議(例会を含む)が楽しく秩序正しく運営されるよう常に心を配る。

職業奉仕委員会 Vocational Service Activities

委員長/室木俊美

【 活動方針 】

ロータリーの四大奉仕部門の一つである職業奉仕は、ロータリアンがそれぞれの職業を通じて他の人々に奉仕し、高い道徳的水準を保つことを奨励する。また、ロータリーの目的は、日々の仕事を通して世の中に貢献するために、奉仕の心を育て向上させること。奉仕とは他人のために何かをすること、他人のニーズを充たすことを自己の責務として行なうことである。すなわち職業を通して社会のいろいろなニーズを満たすことである。さらにロータリーの目的は、日々の仕事を通して社会に貢献するために、奉仕の心を育て向上させることである。奉仕とは他人のために役立つこと、他人のニーズを充たすことを自己の責務として行なうことである。それによって、自己の道徳水準を高め、社会から尊重される存在になりうるのかもしれない。つまり、4 つのテストを実践すればよいのである。

【 事業計画 】

ロータリーが他の奉仕団体と本質的に違う点は、職業奉仕の概念を持っていることである。職業奉仕とは、あらゆる職業に携わる中で、奉仕の理念を生かして、自身の職業は世のため人のために営んでいるという責任を自覚しなければいけない。そうすることで職業に品格が出て誇りが生まれる。今期は、以下の事柄を実践する。
1) 自己の職業またはロータリアンの携わる職業のみならず、あらゆる有用な職業の社会に対する価値を認めること
2) 職業奉仕月間に指定されている10 月には、職場訪問を行い、会員の職業内容について理解を深める。
3) 職場体験学習の機会があれば、小学校、中学校からの受け入れ態勢は整っている。ただし職種限定なので事前に連絡が必要である。
4) 自己の職業上の手腕を社会の問題やニーズに役立てること
5) 中学生を対象に会員の職業を紹介する出前講演を行う
6) 会員以外の方を対象に卓話を依頼する

市民健康公開講座 Vocational Service Activities

委員長/室木俊美

【 活動方針 】

講演名は、生き活きハッピーライフ 〜ようこそ食と健康の世界へ〜が正式名称である。毎年、最終月である6月に開催している。内容は、その年において活躍された食と健康に関連する講師をお招きして2時間の講演を行う。そして市民の皆様が健やかに長寿を迎えられることが主たる目的である。近年、噛む力が衰えた老人では、誤嚥性肺炎が多発しているため、うまく飲み込みができる口腔外科医のサポートが必要である。また、噛む力が弱っても軟らかい食事であれば飲み込めるから管理栄養士の存在も大きい。したがって、この二つの領域に関連した講師を今年も招聘したいと考える。

【 事業計画 】

この事業は今年で12年目になる。本来のスタートは、会員による講演会であったが、演者不足から2回で終了して、その後は専門性を持ったクラブ外講師を招聘している。毎年6 月に講師2人を招聘し、質疑応答を含めた2時間の講演会を開催する。会場は中島コミュニティーセンターである。来場数は毎年70から100名を維持しているのでこれを維持していく。後援は、北國新聞社、ラジオななおである。紙面と電波メディアを駆使し、ロータリーの認知度を上げることにも大いに寄与している。去年、地区においてガバナー賞を頂いた。これは、地区住民に対する10 年連続の効果的な講演内容が評価されたためである。

社会奉仕委員会

委員長/勢登和秀

【 活動方針 】

個人生活、事業生活、及び社会生活に奉仕の理想を適用することを奨励、育成すること。

【 事業計画 】

1)駅前花壇、学童野球場のイチョウの木下の除草。
2)和倉万葉マラソン給水ボランティア
3)社会奉仕団体の顕彰。
4)その他、地域社会に寄与する奉仕活動の実践。

国際奉仕・青少年奉仕委員会

委員長/的場勇人

【 活動方針 】

・国際理解・親善・平和の意義を理解し、関連する事業を積極的に支援する

【 事業計画 】

1)国際ロータリーが行う、水保全・識学率向上・飢饉救済等に協力する

出席奨励委員会

委員長/江尻晃邦

【 活動方針 】

会員との連携を密にして、出席率の向上に努める。

【 事業計画 】

1)中間に一度、各自の出席率を出して再確認する。

親睦委員会

委員長/脇本伸一

【 活動方針 】

会員間の知り合いと友誼を増進し、レクリエーション及び社交的諸活動への参加を奨励する。

【 事業計画 】

1)花火観賞、味覚、歳忘れ、観桜等季節や事業に合わせた例会を行う。
2)他団体との交流を深める事業を行う。
3)会員及びその家族を含めた交流事業を行う。

友好クラブ委員会

委員長/脇本伸一

【 活動方針 】

友好及び交流クラブの会員間の知り合いと友誼を増進し、共同で事業を行う。

【 事業計画 】

毎年交互にお互いのクラブを訪問し共同事業を通して親睦を深める。

会員増強・拡大・脱会防止委員会

委員長/室木俊美

【 活動方針 】

CLP に基づき今期は4名の増強を計画する。会員増強はもちろん、脱会防止にも考慮に入れなければいけない。基本的にはMy Rotary の会員増強ガイドに沿って入会する魅力とロータリーの会員候補者に真髄を説明する。
会員候補者へのアプローチの方法は、会員となる候補者にクラブとロータリーを紹介するために、どのような種類の行事が最も効果的かを考える。例会やクラブの親睦行事の方が参加しやすいと思う人もいれば、奉仕プロジェクトに直接参加することでロータリーについて学びたいと思う人もいる。新しい仲間を歓迎するために、各個人に沿ったオリエンテーションを企画する。

【 事業計画 】

1) 会員の増加と積極的な勧誘を推進する。
2) 資格ある会員候補者を特定する
3) 会員候補者と対話を始める
4) 専門職業に就く女性や若年層の会員を増やす
5) 一定期間、会費を免除または減額する。
6) ベテランのロータリアンをメンター(指導者)として割り当てる
7) 広報活動を通じて会員候補者を惹きつける
8) 意義ある入会式を計画する
9) 新会員への情報提供とオリエンテーション
10) あらゆるメディアを利用し広報活動を行う
11) 過去の脱会理由を掘り下げて考え再発防止策とする

クラブ管理検討委員会(CLP.RLI 勉強会)

委員長/室木俊美

【 活動方針 】

CLPとRLP に基づき当クラブ管理検討委員会の役割は、クラブの正しい管理、円滑な運営を行うこととする。つまり魅力ある工夫を凝らした例会、クラブフォーラムの進行方法、クラブのコミュニケーション、出席奨励、ロータリーの情報を会員に伝えるなどである。
また、例会が週3 回になったことによるロータリアンとしての自意識低下が予想されるため折に触れて最新情報を発信する。クラブフォーラムにおいては有意義な意見を出し合い以下の項目について話し合うことが推奨される。
• プロジェクトや活動の案を話し合う
• クラブの強み、機会、弱みについて検討する(SWOT 分析)
• 目標を設定し、それに沿った行動計画を立てる
• 各委員会が活動状況を報告し、互いの連携を強化する
• ロータリーについて学ぶ

【 事業計画 】

毎月の第一例会においてRI のテーマを朗読する。
クラブの効果的な運営や管理を実践することで地域社会に奉仕を提供し、会員を維持し、増強に繋がっていく。事業計画は以下である。
• 例会プログラムと特別プログラムを計画する。
• クラブ会報を発行し、クラブのウェブサイトを管理する。
• 他クラブとCLPとRLP について議論を行う。
• クラブ会員間の親睦を深める。
• クラブを効果的に運営するための活動を行う。

広報・R 情報(HP・メディア担当)委員会

委員長/向 卓

【 活動方針 】

クラブの広報対象として
1.対外的な広報 
2.他クラブのロータリアンへの広報
3.クラブ内ロータリーアンへの広報があります。
このことを意識して更にクラブ活動の記録性を持たせた広報づくりを目指します。

【 事業計画 】

☆報道機関との関係を重視し、積極的に活動紹介を行う。
☆会誌やロータリー誌を通じ、ロータリーの目的と実績を地域社会に伝える。
☆他クラブ、友好クラブの活動等を盛り込んだ親しみのある会報づくりを目指す。

プログラム委員会

委員長/勢登和秀

【 活動方針 】

有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成する。

【 事業計画 】

1)知り合いを広めるためにあらゆる分野の職業人を講師に招く。
2)職業上の高い倫理基準を保つために社会に奉仕する機会を設ける。
3)奉仕の理念を実践するために、他の委員会とコラボしたプログラムを組む。
4)世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進する例会にする。

園児日本文化伝承委員会 茶道担当

責任者/江尻晃邦

【 活動方針 】

保育園児が体験する初めての「お茶」。日本の伝統文化に触れることで子供なりのおもてなしと、季節を楽しむ心を学ばせる。さらに「作法」の一旦についても学ぶ。精神面では茶道の時間を通し、「挨拶」や「感謝の気持ち」、「優しい心」を身に着けられるように指導を行う予定である。

【 事業計画 】

茶道宗和流中島宗和会の室木宗美社中(当クラブ室木俊美会員の妻)の指導のもと茶道の伝統文化に触れてもらうこと、および茶道の作法について形から学ぶことも目的とする。
1)七尾市中島保育園のみどり組(年長児)を対象に、毎月1 回お茶の点て方や飲み方の作法を嗜んでもらう
2)2月には園児が自分の保護者家族に呈茶を行う
3)3月には当クラブの例会にておさらい会として、例会場にて園児がお運び作法の成果を会員に披露する。

園児日本文化伝承委員会 太鼓担当

責任者/脇本伸一

【 活動方針 】

地域に昔から伝わるお祭り等で演じられる太鼓を幼少から親しむことにより、祭文化を伝承していく。

【 事業計画 】

年1回演奏会を行い、保護者や地域の人、ロータリー会員に披露する。
・七尾市中島保育園のみどり組(年長児)を対象に、毎月1 回太鼓の練習会を行う。

ロータリー財団・米山奨学委員会

委員長/脇本伸一

【 活動方針 】

ロータリー財団・米山奨学委員会に寄与する。

【 事業計画 】

ロータリー財団委員会
○積立金の順位により、候補者を推薦。特別寄附者になってもらう。
米山記念奨学委員会
○普通寄附は地区1 名6000 円を確保します。
 それ以上の寄附ができないか、方法を検討します。
○特別寄附者は積立金の順位により、候補者を推薦。寄附者になってもらう。

ニコニコBOX委員会

委員長/江尻晃邦

【 活動方針 】

・ロータリー友愛の心で、より多くの会員の善意のお金をお願いします。

【 事業計画 】

1)何かあったら必ず、少額のニコニコをお願いします。
  (会員減少の為、少しでも事業資金として活用する為)

このページのトップへ