国際ロータリー第2610地区 中島ロータリークラブ

中島クラブ40年の歩み(記録誌)

ロータリーの目的

四つのテスト

国際ロータリー会長メッセージ

中島ロータリークラブ会長メッセージ

クラブ概況

役員・委員会

会員名簿

活動計画

トピックス

クラブ会報

市民健康講座「毎年恒例」

ロータリーの友・輪読会

園児茶道教室をサポート

行事予定

友好クラブ

リンク集

Nakajima Rotary Club

RIテーマ

中島ロータリークラブ(なかじまロータリークラブ)は石川県七尾市中島町に位置し、その七尾市中島町は能登半島のほぼ中央にあり、お熊甲祭や、能登演劇堂、養殖牡蠣などで有名な町です。
なかでもお熊甲祭は国指定の重要無形文化財になっています。 
古代から中世へ熊来郷と呼ばれていた中島町一帯。
「お熊甲祭」(毎年9月20日)はこの地域の総社として里びとから尊崇されてきた久麻加夫都阿良加志比古(くまかぶとあらかしひこ)神社の大祭です。近郷19末社からそれぞれ神輿をはじめ長大な枠旗が担ぎ出され、神の使者 猿田彦が先導して鉦・太鼓も賑やかに本社へ繰り込む行事は全国にもまれな寄合祭です。猿田彦の軽妙な舞いも見ものですが、祭りの佳境は加茂原でのお回り行事。若衆に担がれた高さ20メートル前後の真紅の羅紗旗が乱舞する光景は圧巻です。祭りに沸き立つ里の1日、秋の豊作、人々の息災、町の平穏に感謝する心が漲ります。